読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|加藤一二三vs中原誠1982-05-11名人戦3局|胸のすく好手 加藤、飛先不突矢倉の会心譜

A~~加藤一二三.名人十段.王将.王位 05月対局

1982-05-11第40期名人戦七番勝負第3局「加藤一二三十段」vs「中原 誠名人」棋譜

f:id:shogifan:20150526204724g:plain

▲飛先不突矢倉から先手が会心の端攻めを見せ、寄せも見事だった。

あともう少しで勝ちだが・・・。

f:id:shogifan:20160218003810j:plain

 ▲3四飛

f:id:shogifan:20150526204737g:plain

胸のすく飛車 加藤、飛先不突矢倉の会心譜

ハッとする飛車だった。同金なら4三銀で受けづらい。 実戦は、△3一香▲7四角△5二桂▲5一金で終局となった。 胸のすくような手で気持ちいい飛車で好手だった。 この将棋は加藤一二三十段が飛先不突(つかず)矢倉を採用して勝った会心譜だった。

この当時はまだ竜王がなく、名人は絶対の最高位で注目度が今以上に高かった。 加藤一二三先生が、悲願の名人を獲得するための大事な3局目だった。