読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|升田幸三vs木村義雄1951-05-02名人戦4局|その1 升田流筋違い角向飛車

 1951-05-02第10期名人戦七番勝負第4局*「升田幸三八段」vs「木村義雄名人」

f:id:shogifan:20150513172208p:plain

升田幸三八段が名人戦で指した珍戦法を振り返る。角換わりから▲4五角と「筋違い角」を打った将棋。

先手升田挑戦者の奇抜な手がでる。

f:id:shogifan:20160217232337j:plain

 

▲8八飛  

f:id:shogifan:20150513172217p:plain

升田流筋違い角向飛車 結果は木村名人の好局

名人戦の大舞台でこの局面が出現したと考えるとなお面白い。 升田幸三先生は向い飛車を得意とし、さまざまな向い飛車を指したが、そのなかでも面白さは随一だろう。

ただし、本局は木村義雄名人の対策がすばらしかった。升田八段の8筋攻撃はうまくいかず、結果は木村名人が快勝。木村名人の好局といえる内容となった。

結果は出なかったが、升田先生の代表的な珍戦法のひとつだ。

※その2、その3はカテゴリA木村義雄