読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|升田幸三vs木村義雄1951-05-02名人戦4局|その3 升田がしびれた木村名人の好手

1951-05-02第10期名人戦七番勝負第4局「升田幸三八段」vs「木村義雄名人」棋譜

f:id:shogifan:20150513172319p:plain

升田八段が▲筋違い角からの向い飛車という派手な戦法を披露した。ところが、木村名人がうまく対応して思うようにいかなかった。

後手の次の手は、升田八段は見落としていたと思う。

f:id:shogifan:20160217232337j:plain

 

△5八と  

f:id:shogifan:20150513172311p:plain

升田がしびれた木村名人の好手 と金捨て 木村名人の好局 

5八金のような俗手は見えるが、△5八とは大事なと金を捨てるので、うっかりする手だ。 これが勝因の好手だった。升田八段はこれでしびれた。 同玉なら、5九金、4七玉、4五銀なのだろう。

実戦は、▲同金△7七銀▲6八飛△同銀成▲同玉△8九飛と進行して後手が勝った。 △7七銀と急所に打つのが、と金捨てのねらいだった。

本局は序盤から終盤まで、木村義雄名人は完璧に指した。 木村名人の強さがよく表れた好局だと思う。