読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs中原誠1972-04-27名人戦3局|大山会心の大好手

1972/04/27~28 第31期名人戦第3局 

先手:大山康晴名人 後手:中原 誠十段・棋聖   棋譜

f:id:shogifan:20150526202432g:plain

大山康晴名人が名人を失ったシリーズでの勝局から。 ▲四間飛車棒銀だが、▲5八銀と引いたり△3三銀と上がっているのが変わっている。△7二飛と金取りに寄った1図で先手に大好手があった。 

f:id:shogifan:20160218213211j:plain

▲8五金 

f:id:shogifan:20150526202456g:plain

大山会心の大好手 金出

▲8五金が大山名人会心の金出(きんで)。同銀なら3三角成から、7二飛成だ。 これは振飛車vs急戦を勉強していると、どこかで見る手筋である。

△7二飛は大悪手であり、大ポカとも見えるが、この筋はこの時代はまだ珍しかったのだろうか。 大山名人は読み筋だったのだろう。わずかな時間で指している。 中原十段は完全に見落としていた。

次の手はなんと122分の大長考だった。 △7三銀と引いたが、先手は▲7四歩△6二銀▲5九角のあと▲7六飛から▲7七桂と桂馬を活用する展開になり、先手快勝となった。

大山名人が名人を失ったシリーズだが、本局の勝利で2-1とリードしていた。