読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|堀口弘治vs永瀬拓矢2013-04-21NHK杯|永瀬のねらい

 2013年04月21日第63回NHK杯1回戦第3局 

堀口弘治 七段vs永瀬拓矢 五段 棋譜 

f:id:shogifan:20150605093615g:plain

永瀬拓矢五段が積極的に動いた将棋。角換り腰掛銀で、▲穴熊模様に対し△3五歩の桂頭攻めが機敏だった。1図は後手、銀取りになっているが用意があった。

 f:id:shogifan:20160301011410j:plain

△2七角

f:id:shogifan:20150605093625g:plain

一見さえない角打ち 見えにくかった永瀬のねらい

△2七角と打った手は、一見ただ銀にひもをつけただけの角打ちに見えた。

ところが、2図以下▲6五歩△同歩▲9九玉に△1五歩が狙いの攻め。△1五歩は、私などには全く見えない攻め筋だった。玉側の端歩だから見えにくい。

相手の香車を取ってしまえば、攻めに使えて自玉の攻めは緩和される。

 

堀口弘治七段は戦いながら穴熊に囲う戦術にでたが、永瀬五段は端を破り、先手の指し手に乗じて快勝となった。 永瀬五段は注目の若手らしい。