読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠vs大山康晴1972-04-18名人戦2局|大山の有名な玉逃げの絶妙手

A02大山康晴.十五世名人.五冠独占 04月対局

 1972/04/18~19名人戦第2局 

先手:中原 誠十段・棋聖 後手:大山康晴名人 棋譜

f:id:shogifan:20150527063026g:plain

大山康晴名人の有名な絶妙手を振り返る。 △中飛車棒銀の将棋。1図は超有名な局面。 

f:id:shogifan:20160218213211j:plain

 △8一玉

f:id:shogifan:20150527063044g:plain 

大山の有名な玉逃げの絶妙手

△8一玉!!!と危なそうなところに逃げるのが絶妙手。逃げると言うより「落ちる」という感じの玉さばきである。

普通6二玉だが、7四桂、5一玉、9三桂成、同香、6二角、同金、7一飛成がある。

実戦は、2図以下 ▲8三飛成△8二歩▲7三桂不成、7一玉、6一桂成、同銀、7二歩、同銀▲5三龍△6一銀打と進んで後手玉が固まった。

▲7三桂不成で9三桂不成は、同香、9二角、9一玉!、9三竜、7五角!という絶妙のシノギで後手逃れ。

△6一銀打以下は、▲7四桂に△6九と▲同金△7五桂と反撃に転じて後手大山名人が勝った。

大山先生ほどの受けの名人となると、王様までもが強力な受けの駒なのだろうか。 「△8一玉で勝ち」という読みは、究極の名人芸だった