読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|児玉孝一vs石田和雄1988-04-18竜王戦|児玉の珍戦法カニカニ銀

B{かきくけこ}棋士

1988/04/18第01期竜王戦2組残留決定戦準決勝

「児玉孝一六段」vs「石田和雄八段」棋譜 

f:id:shogifan:20150605085530g:plain

児玉孝一七段の創案した珍戦法を振り返る。 矢倉模様の出だしで「カニカニ銀」の将棋。先手はここから十分に組んだ。 

f:id:shogifan:20160229230023p:plain

▲5八飛△5三銀▲9七角△4二金上▲6六銀△4一玉▲7七桂 

f:id:shogifan:20150605085540g:plain

児玉の珍戦法カニカニ銀

カニカニ銀には様々あるようだが、2図は理想形ではなかろうか。 2図以下、△1四歩に▲5五歩△同歩▲6五桂と集中砲火を浴びせて先手快勝となった。

カニカニ銀は、二枚銀を繰り出す「急戦矢倉」を発展させたものらしい。 児玉七段は、この戦法で本を出し、「升田幸三賞」までもらった。ネーミングの面白さが手伝って、いつまでも忘れられない戦法である。