読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋|加藤一二三vs谷川浩司1983-04-13名人戦1局|谷川、名人戦初登場

A04谷川浩司.十七世名人.四冠 04月対局

1983-04-13第41期名人戦七番勝負第1局「加藤一二三名人」vs「谷川浩司八段」 棋譜

 f:id:shogifan:20150528231927g:plain

矢倉戦で、加藤名人の▲スズメ刺しに対し、谷川八段は7三銀型からのスズメ刺しという趣向。 後手番ながら谷川八段が先攻して、▲9七歩と受けたところ。このあとも谷川流らしい攻めが見られた。

 

△9七香不成▲同桂△9六歩▲8五桂△9七歩成 

f:id:shogifan:20150528232007g:plain

谷川、名人戦初登場で快勝

どんどん攻めるのが、当時の谷川流だった。 2図で9三歩なら形勢不明だったらしいが、▲6五歩と誤ったので△9八歩で後手優勢となった。

その後も、のびのびとした指し手で名人戦デビューを白星で飾った。

加藤一二三名人に挑戦したのは谷川浩司八段だった。 谷川八段は当時、加藤名人に次ぐスピード昇段をした21歳の若者だった。 やっと名人になった加藤名人に、こんな皮肉なことが起こるのかと思った。