読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴vs米長邦雄1986-03-23A級順位戦プレーオフ|63歳大山が名人挑戦者に

1986-03-23第44期順位戦A級プレーオフ決勝

大山康晴十五世名人」vs「米長邦雄十段」 

f:id:shogifan:20150605124713g:plain

三間飛車に後手は△引角矢倉という古めかしい陣形。先手は中央を制圧したものの次の手が難しいところ。

f:id:shogifan:20160229083119j:plain

 ▲2五歩△同歩▲1七桂 

f:id:shogifan:20150605124727g:plain

玉側端桂跳ねの奇襲 63歳大山が名人挑戦者に

晩年の大山将棋は攻撃的だった印象だ。▲2五歩は意表の一手。継続の▲1七桂も大胆。玉側の桂を自ら端に跳ねるのは珍しい。奇襲ともいえる。 それも大山先生がやると「らしくない」手で、余計に意表を突く。 これが功を奏し大山勝ち。

大山康晴先生は、中原名人に挑戦することになった。63歳での挑戦は、今振り返ると驚きである。 大山先生は晩年も驚異的な棋力を維持した。