読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|阿部光瑠vs習甦2013-03-23電王戦|コンピュータの渋い手

2013-03-23第2回将棋電王戦第1局 阿部光瑠四段 vs 習甦 棋譜

f:id:shogifan:20150413064604p:plain

角換り腰掛銀になり、習甦(しゅうそ)が早々に△6五桂と跳ねたのはいかにもコンピュータらしかった。 阿部四段が無理攻めにうまく対応して大優勢になった。後手コンピュータ敗勢だが、次の手は印象に残った。 

f:id:shogifan:20160302220803j:plain

△4二金寄 

f:id:shogifan:20150413064614p:plain

コンピュータの渋い手△4二金寄

コンピュータvsプロ棋士の電王戦は、故米長邦雄先生が門戸を開いた。第2回は現役のプロ棋士5人が対局するので、初回以上の大注目を集めた。その第1局が本局。

私のハイライト局面は、2図の△4二金寄。 習甦が切れ筋で敗勢の局面。じっと金を寄せて離れ駒をなくしたのは驚いた。 「プロ好み」ともいえる渋い手だった。 

だが、局面に差がついていたため大勢に影響はなく、阿部四段が快勝となった。 本局は、コンピュータがやりすぎであまりいいところがなかったが、金寄りは印象に残った。 このときは、これがプロ棋士唯一の勝利になろうとは思わなかった。