読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|中原誠vs中村修1986-03-13王将戦6局|不思議流の手順 中村修六段が王将獲得

1986-03-13第35期王将戦七番勝負第6局

「中原 誠王将」vs「中村 修六段」 棋譜

f:id:shogifan:20150529203257g:plain

▲ひねり飛車に△5四金型の戦い。 ▲7二歩と垂らしたところ。 ここから後手の不思議な手順が見られた。 

f:id:shogifan:20160301005930j:plain

△7三飛▲8五桂△8三飛▲4六歩△4四金▲8六歩△7三桂

f:id:shogifan:20150529203312g:plain

不思議流の手順 中村修六段が王将獲得

”不思議流”中村さんの不思議な手順だった。△7三飛と寄って▲8五桂に△8三飛と戻る。▲8六飛までとなって、先手だけ指しているではないか。

ところが、2図の△7三桂が狙いのぶっつけだった。なるほど、先手の桂馬をわざわざ跳ねさせて、桂交換を迫る狙いだったのだ。

図以下、▲9四香△8五桂▲同歩△同飛と、桂馬を入手して飛車がさばけた。そのあと後手は2六に歩を伸ばし、桂馬を△2七桂と打つことになり、寄せに入った。最後は後手中村快勝となった。

中村修さんの王将獲得は当時、谷川さんの名人獲得、高橋さんの王位獲得に次ぐもので衝撃だった。そのとき世代交代の波が来るのを感じた。