読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|羽生善治―永瀬拓矢2015年8月3日竜王戦決勝トーナメント|永瀬の柔軟な手

2015年8月3日 第28期竜王戦決勝トーナメント羽生善治名人 対 永瀬拓矢六段 先手の次の一手に感心させられた。 ▲8八銀 永瀬の柔軟な手 ▲8八玉と寄るのが形だが8五桂を与えて面白くないと見たか。 ▲8八銀が柔軟な手だった。これで後手は容易に8五桂と跳…

将棋局面|中原誠vs中村修1986-03-13王将戦6局|不思議流の手順 中村修六段が王将獲得

1986-03-13第35期王将戦七番勝負第6局 「中原 誠王将」vs「中村 修六段」 棋譜 ▲ひねり飛車に△5四金型の戦い。 ▲7二歩と垂らしたところ。 ここから後手の不思議な手順が見られた。 △7三飛▲8五桂△8三飛▲4六歩△4四金▲8六歩△7三桂 不思議流の手順 中村…

将棋局面|中原誠vs内藤國雄1969-12-27棋聖戦2局|横歩取り△3三角戦法、タイトル戦に登場」

1969-12-27第15期棋聖戦五番勝負第2局 「中原 誠棋聖」vs「内藤國雄八段」 内藤国雄九段がタイトル戦で指して、現在まで指し続けられる基本戦法を振り返る。 横歩取り△3三角戦法。1図の▲3六歩に後手が動く。数手のやり取りが面白い。 △8六歩▲同 歩△同 飛…

将棋局面|谷川浩司vs西川和宏2013-10-20NHK杯|若手西川が好サバキで谷川を破る

2013年10月20日第63回NHK杯2回戦第11局 谷川浩司 九段vs西川和宏 四段 棋譜 西川和宏四段の好サバキから終盤力を見た一局。 △中飛車▲居飛車穴熊の将棋。先手桂得となった。1図▲2八飛と引いた局面から、後手の見事なサバキが。 △3六歩▲同歩△6五銀▲6六歩△…

将棋局面|中田宏樹vs橋本崇載2013‐10‐13NHK杯|中田の手順に橋本じぇじぇじぇ

2013年10月13日第63回NHK杯2回戦第10局 中田宏樹八段vs橋本崇載八段 棋譜 中田宏樹八段が最後でプロの芸を見せた一局。 △升田式石田流の将棋。▲5四桂△7六角▲5七飛(3七から)△8七角成で1図に至る。△7六角がうまそうな手で、1図で先手受けにくいなあ…

将棋局面|中村太地vs羽生善治2013‐10‐02王座戦3局|中村が堂々とした勝利で王座に王手

2013年10月2日 第61期王座戦五番勝負第3局 羽生善治王座 対 中村太地六段 角換わり腰掛け銀で、▲2五桂の桂取りに構わず△3七角と打ち込んだ将棋。 1図は▲6四角の飛び出しに、△9二飛とかわしたところ。ここから数手、先手中村太地六段の方針が好判断だ…

将棋|羽生善治vs行方尚史2013-07-29王位戦3局|行方がタイトル戦初勝利

2013年7月29日~30日第54期王位戦七番勝負第3局 羽生善治王位 対 行方尚史八段 棋譜 矢倉脇システムで、後手が棒銀にでた将棋。図は最終盤で、後手から意外な寄せがあった。 △8七金▲7六玉△7四香▲7五歩△8四桂▲8五玉△5七角成 驚きの俗手から受けなし…

将棋局面|中村太地vs郷田真隆2013-07-22王座戦挑決戦|中村が王座挑戦へ

2013年7月22日 第61期王座戦挑戦者決定戦 郷田真隆九段 対 中村太地六段 棋譜 角換り腰掛銀の将棋。 △9五歩と攻めてきたところ。ここからすごい殴り合いがはじまる。 ▲1五香△1四歩▲6五歩△5五角▲7一角 理解困難の中盤戦 中村が王座挑戦へ 私には理解…

将棋局面|永瀬拓矢vs金井恒太2013-7-19竜王戦決勝トーナメント|永瀬が飛車を・・・

2013年7月19日 第26期竜王戦決勝トーナメント 永瀬拓矢六段 対 金井恒太五段 棋譜 永瀬拓矢六段、竜王戦決勝トーナメントの大一番での会心譜から。横歩取りで▲青野流3七桂△4二玉・5一金型の将棋。1図▲8七金と歩を取りつつ飛車取りとした局面で・・・…

将棋局面|中村太地vs羽生善治2012-06-23棋聖戦2局|中村の意気やよし

2012年6月23日 第83期棋聖戦五番勝負 第2局 羽生善治棋聖 対 中村太地六段 棋譜 角換り腰掛銀で△6五歩型。 手詰まりに見えたが中村六段は打開した。 ▲8三角△6三銀▲6六歩△8六歩 敗れたものの、中村の意気やよし ▲8三角と狭い所に打った。銀を引かせ…

将棋局面|堀口弘治vs永瀬拓矢2013-04-21NHK杯|永瀬のねらい

2013年04月21日第63回NHK杯1回戦第3局 堀口弘治 七段vs永瀬拓矢 五段 棋譜 永瀬拓矢五段が積極的に動いた将棋。角換り腰掛銀で、▲穴熊模様に対し△3五歩の桂頭攻めが機敏だった。1図は後手、銀取りになっているが用意があった。 △2七角 一見さえない角打ち…