読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

B{さしすせそ}棋士

将棋局面| 斎藤慎太郎―千田翔太2015年6月26日竜王戦決勝トーナメント|斎藤慎、勝ちを決めた受けの名手

2015年6月26日 第28期竜王戦決勝トーナメント斎藤慎太郎六段 対 千田翔太五段 角換り腰掛銀の終盤戦。 後手玉の詰めろをなんとかしなければならない。 △5五角 斎藤慎、勝ちを決めた受けの名手 △5五角と桂馬の背後に打ったのが気づかない受け。桂馬が動く…

将棋局面|米長邦雄 vs 佐藤義則 1980-05-30 棋聖戦挑決戦|妙手があった 佐藤義則、棋聖挑戦を逃す

1980/05/30第36期棋聖戦挑戦者決定戦*「米長邦雄王位」vs「佐藤義則六段」棋譜 妙手を逃した残念な局面。 後手佐藤義則六段にうまい三手ひと組があったが・・・。 師匠の芹沢博文九段、佐藤義則八段(右) 実戦は△6四飛だった。だが△8六飛▲同金△7七銀(参考…

将棋局面|先崎学vs南芳一1991-03-04NHK杯決勝|特攻の妙手 先崎がNHK杯優勝

1991-03-04第40回NHK杯戦決勝「先崎 学五段」vs「南 芳一棋王」 棋譜 このころ先崎さんが得意としていた▲5五歩位取り中飛車だった。▲4五銀と打って△6四金と先にかわしたところ。次の先手の手は事実上の決め手だった。 ▲5四飛 飛車の特攻の妙手 先崎が…

将棋局面|先崎学vs羽生善治1991‐02‐18NHK杯準決勝|先崎の絶妙手

1991/02/18第40回NHK杯戦準決勝第2局 「先崎 学五段」vs「羽生善治前竜王」 棋譜 先崎学五段がNHK杯決勝進出を決めた一局で、棋風や終盤力が出た名局。 初手▲5六歩から▲5五歩位取り中飛車に。先手の飛車斬りから激しい将棋になった。 1図は双方玉が…

将棋局面|先崎学vs青野照市1989-01-30棋聖戦予選|先崎の次の一手に大仰天

1989/01/30第54期棋聖戦二次予選決勝*「先崎 学四段」vs「青野照市八段」 棋譜 先崎学四段時代の棋譜より。▲中飛車に後手があえて▲5五歩の位を取らせた将棋。 後手が位を奪回し指しやすそうな展開から、1図△6六馬と銀を取って二枚替えになった。 後手充分…

将棋局面|先崎学vs谷川浩司1989-01-23NHK杯|新人先崎が谷川を挑発

1989-01-23 第38回NHK杯戦4回戦第4局 「先崎 学四段」vs「谷川浩司名人」棋譜 名人と四段の早指し将棋。 開始局面が現れるのは珍しい。開始局面から目を疑う光景が・・・。 ▲3六歩 新人先崎が初手で谷川を挑発 14年後にも再現 先崎さんの四段当時の将棋…

将棋局面|桜井昇vs谷川浩司1982-01-18NHK杯|桜井が谷川を下し準決勝へ

1982-01-18第31回NHK杯戦4回戦第1局*「桜井 昇六段」vs「谷川浩司七段」 桜井昇六段の攻めが印象に残った一局。後手が角換りを避けて雁木に組んだ将棋。1図から先手の攻め駒が増えるのが面白かった。 ▲3四歩△5一王▲3三歩成△5四銀▲3二と右△3七馬▲3…

将棋局面|谷川浩司vs芹沢博文1981-12-25B1順位戦|芹沢の会心譜

1981-12-25第40期順位戦B級1組07回戦「谷川浩司七段」vs「芹沢博文八段」 芹沢博文九段の棋譜から。 ▲ひねり飛車模様で、△7四歩と突いて阻止したので乱戦になった。1図は3六の飛車を▲3四飛と浮いて5四の歩を取りに来たところ。ここから数手、後手に面白…

将棋局面|先崎学vs大山康晴1988-12-09将世企画|先崎、師匠米長を思わせる指しまわし

1988/12/09将世企画大山最強振飛車に10代パワーが挑戦2局 先崎学四段vs大山康晴十五世名人 先崎学四段時代の棋譜より。『将棋世界』誌の企画将棋。 △中飛車▲天守閣美濃。大山康晴十五世名人の金銀が積極的に動いた。 先手は桂馬が取られる形で忙しい局面。ここ…

将棋局面|大内延介vs先崎学1990-10-30全日本プロトーナメント|先崎の攻めをつなぐ鬼手

1990/10/30第09回全日本プロトーナメント4回戦「大内延介九段」vs「先崎 学五段」 先崎学五段時代の棋譜より。 大内九段好みの▲石田流三間飛車に△居飛車穴熊。 1図、後手が攻め続けるのが大変に見えたが。 △4四銀 先崎の攻めをつなぐ鬼手 歩頭に△4四銀!…

将棋局面|郷田真隆vs鈴木大介2000-03-13NHK杯|寄せの好手 鈴木六段がNHK杯優勝

2000-03-13第49回NHK杯戦決勝 「郷田真隆八段」vs「鈴木大介六段」 棋譜 △四間飛車▲居飛車穴熊で、後手鈴木六段は銀冠△4四銀。 先手がうまく攻めたようだったが、図では後手優勢となっている。 後手の次の手に「おっ」。 △9六香 寄せの好手 鈴木大介六…