読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|桐山清澄 vs 米長邦雄 1986-07-01 棋聖戦第2局|その1 桐山、タイトル戦で珍しい・・・

第48期棋聖戦五番勝負第2局*「桐山清澄九段」vs「米長邦雄十段」 何気ない角換りの序盤、この当時はあまり見ない手が。 ▲4五角 桐山、タイトル戦で珍しい筋違い角 ▲4五角と打つ「筋違い角」は、その昔の▲升田△木村の名人戦で現れたが、この当時の公式戦では…

将棋局面|桐山清澄 vs 米長邦雄 1986-07-01 棋聖戦第2局|その2 桐山の個性がよくでた好局

第48期棋聖戦五番勝負第2局*「桐山清澄九段」vs「米長邦雄十段」 その1の続き。 △7七歩の金取りに先手は対処しなければいけないが・・・。 ▲8八金 桐山の個性がよくでた好局 △7七歩に同桂だと5七桂成、同金、7六歩がいやに映る。 とはいえ▲8八金はす…

将棋局面|桐山清澄 vs 中原誠 1981-05-19 名人戦第4局|桐山の鬼手

1981/05/19第39期名人戦七番勝負第4局*「桐山清澄八段」vs「中原 誠名人」 先手は7一に竜がいるが桂損で攻めが細いように見えた。 どう攻め続けるのかと思ったが・・・。 ▲4四角 桐山の鬼手 名人戦初勝利 ▲4四角! ええっ?何かの間違い?と目を疑った。 2…

将棋局面|久保利明ー渡辺明2011年3月6日 棋王戦第3局|久保の鮮やかな最終手

2011年3月6日 第36期棋王戦 五番勝負 第3局久保利明棋王 対 渡辺明竜王 先手の次の一手で終局となった。 ▲1一金まで先手の勝ち 久保の鮮やかな最終手 ▲1一金が鮮やかな決め手で終局となった。 最終手以下、同玉、3一とで必至。 次の一手問題だと簡単だろ…

将棋局面|久保利明vs郷田真隆2012-02-25棋王戦2局|その1 久保が早石田で大実験

2012年2月25日第37期棋王戦五番勝負第2局 久保利明棋王 対 郷田真隆九段 久保の▲早石田から▲5五角と打つ激しい進行に。 ▲7四飛に73の銀を△6四銀とでたところ。 ▲8四飛 久保が早石田で大実験 無理筋だった ▲8四飛! ひええ、早々にすごい手がでた。…

将棋局面|佐藤康光 vs 久保利明2009-02-08棋王戦1局|久保、見事な小駒の寄せ

2009年2月8日第34期棋王戦 五番勝負 第1局 佐藤康光棋王 - 久保利明八段 △ゴキゲン中飛車から2枚角を斬る進行となる。△7五桂に6九の金を▲5八金と上がった局面。 大駒の無い後手がどう攻めをつなぐかという局面だった。 △3九銀▲1八飛△5七歩▲同金寄△8…

将棋局面|及川拓馬vs金井恒太2013-7-5竜王戦決勝トーナメント|好手で金井の技あり

2013年7月5日 第26期竜王戦決勝トーナメント 及川拓馬五段 対 金井恒太五段 棋譜 金井恒太五段の竜王戦決勝トーナメントの大一番から。 横歩取りで▲青野流3七桂△4二玉・5一金型の将棋。 1図は4五の飛車が▲8五飛とまわった局面。ちらつく筋が現実とな…

将棋局面|瀬戸博晴 vs 神吉宏充 1986-06-30 C2順位戦|神吉流穴熊

1986-06-30第45期順位戦C級2組01回戦 「瀬戸博晴四段」vs「神吉宏充四段」 1図は何の変哲も無いが、ここから神吉流(かんきりゅう)がはじまる。 △5一銀 ▲2八銀 △4二銀 ▲5八金左 △8五歩▲7七角 △3一銀 ▲7五歩 △1二香 ▲7八飛 △6四歩▲5六銀 △1一玉…

将棋局面|島朗vs櫛田陽一1990-02-19NHK杯決勝|櫛田流の構え 櫛田四段がNHK杯優勝

1990-02-19第39回NHK杯戦決勝 「島 朗前竜王」vs「櫛田陽一四段」 棋譜 △四間飛車▲居飛車穴熊の組み合う将棋。 7七の角を3七まで移動したところ。 後手に好手が出たわけではないが、数手で後手有利となってしまう。次の手は櫛田好み。 △2二飛▲1六歩△…

将棋局面|大山康晴vs木下晃1982-02-01NHK杯|木下が大金星で準決勝へ

1982/02/01第31回NHK杯戦4回戦第3局 「大山康晴王将」vs「木下 晃五段」 木下晃五段の指し手がさえて会心譜となった将棋。 ▲四間飛車に△腰掛け銀。先手が角交換を挑んで激しい流れになったが、後手優勢となった。1図から手筋が決まって後手勝ちになった…

将棋局面|河口俊彦vs谷川浩司1979-11-16C1順位戦|河口が谷川に快勝

1979/11/16第38期順位戦C級1組05回戦 「河口俊彦五段」vs「谷川浩司五段」 河口俊彦五段が玉頭戦を制して快勝した一局。▲四間飛車△右四間飛車の将棋だった。先手は玉頭が怖いが、ここから3手ひと組の見事な対応だった。 ▲4五銀△3五飛▲3七桂 河口が谷川に…

将棋局面|佐藤義則七段vs近藤正和1997-03-04棋王戦|近藤の珍発想

1997-03-04第23期棋王戦予選1回戦 「佐藤義則七段」vs「近藤正和四段」 近藤正和四段のゴキゲン中飛車の将棋から。 角を交換して、先手は9筋を突き越している。後手はどういう方針で行くのかと思ったが、3手先はこの将棋ならではだった。 △9二香▲3六歩△…

将棋局面|大山康晴vs勝浦修1981-10-23王座戦2局|勝浦カミソリ流の寄せ

1981-10-23第29回王座戦三番勝負第2局 「大山康晴王座・王将」vs「勝浦 修八段」 勝浦修八段が挑戦した王座戦の会心譜から。 ▲三間飛車に、後手は銀冠から腰掛銀にする趣向。 大駒交換のあと、後手勝浦八段のカミソリ流の寄せが見られた。 △1五歩▲同歩△1六…

将棋|勝浦修vs大内延介1981-09-25王座戦挑戦決定|勝浦必死の勝負手が功を奏す

1981-09-25第29回王座戦挑戦者決定戦「勝浦 修八段」vs「大内延介八段」 勝浦修八段が王座挑戦を決めた一局だが、不利な形勢での勝負手が報われた将棋だった。 △中飛車▲居飛車穴熊から、後手が向い飛車に転じて2筋を突破し、先手が大苦戦となった。 1図は…

将棋局面|児玉孝一vs石田和雄1988-04-18竜王戦|児玉の珍戦法カニカニ銀

1988/04/18第01期竜王戦2組残留決定戦準決勝 「児玉孝一六段」vs「石田和雄八段」棋譜 児玉孝一七段の創案した珍戦法を振り返る。 矢倉模様の出だしで「カニカニ銀」の将棋。先手はここから十分に組んだ。 ▲5八飛△5三銀▲9七角△4二金上▲6六銀△4一玉▲7…

将棋局面|北村昌男vs福崎文吾1980-11-18名棋戦決勝|北村が名棋戦優勝

1980-11-18第7回名棋戦決勝 「北村昌男八段」vs「福崎文吾五段」 北村昌男九段の棋譜から。相振飛車で、先後共に三間飛車。 先手が7筋から駒を打ち込んで攻めたて、1図となり先手駒得だが歩切れでどうするかと思った。 次の一手はプロらしいじんわりした手…