読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋プロ棋士ハイライト局面ブログ|名手絶妙手鬼手奇手好手

竜王名人王将王位棋聖王座棋王NHK杯順位戦ほかプロ棋戦の名局好局熱戦棋譜を局面図で振り返るスマホで見やすいブログ

将棋局面|大山康晴 vs 中原誠 1967-11-21 棋聖戦|その1 中原、大山との初対局

1967-11-21 第11期棋聖戦本戦準決勝*「大山康晴名人」vs「中原 誠五段」 数ある大山ー中原戦の初顔合わせの一局。「中原誠五段」という肩書が古めかしい。 6三飛成が見えているが後手にうまい手があった。 △2四香▲8一飛△8九馬▲5七銀△5一金右 中原、大…

将棋局面|大山康晴 vs 中原誠 1967-11-21 棋聖戦|その2 中原、大山との初対局で快勝

1967-11-21 第11期棋聖戦本戦準決勝*「大山康晴名人」vs「中原 誠五段」 その1のつづき。 後手に思わぬ寄せの好手があった。 △6七金▲同銀△同馬 中原、大山との初対局で快勝 1図で△6七金とベタッと打ったのが俗手の好手。金のない相手に金を渡すからうっ…

将棋局面|石田和雄 vs 中原誠 1976-11-08 新人王戦記念対局|矢倉定跡形の終盤ででた中原の妙手

1976(昭和51)-11-08 第07回新人王戦記念対局*「石田和雄新人王」vs「中原 誠名人」 相矢倉の終盤。先手は堅陣で後手はバラバラ。 だが後手に妙手があった。 △8六香 矢倉定跡形の終盤ででた中原の妙手 △8六香が妙手だった。桂馬を打つのが常用手筋だが香車…

将棋局面|羽生善治 vs 郷田真隆 1994-09-19 王位戦第7局|羽生が王位防衛

1994/09/19第35期王位戦七番勝負第7局*「羽生善治王位」vs「郷田真隆五段」 先手はここから地味に攻めた。 ▲5五歩△4四金▲4六歩 羽生が王位防衛 ▲5五歩と打つ。6四金だと4四歩が利いてダメそうだ。 で、△4四金と寄ったが▲4六歩が手筋の好手。同歩なら…

将棋局面|渡辺明―永瀬拓矢2015年9月14日竜王戦挑戦者決定第3局 |渡辺の妙手順

2015年9月14日 第28期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第3局渡辺明棋王 対 永瀬拓矢六段 後手△2六角と飛車桂両取りに打った局面。 先手には用意の手があった。 ▲7一角△7二飛▲5四飛 渡辺の妙手順 ▲7一角と死に角を打って▲5四飛が妙手順。同歩だと2六角成…

将棋局面|羽生善治 vs 郷田真隆 1994-08-29 王位戦第5局|郷田、必殺の寄せ

1994/08/29第35期王位戦七番勝負第5局*「羽生善治王位」vs「郷田真隆五段」 ひねり飛車からの乱戦の終盤。 まだまだと思っていたら先手玉に寄りがあった。 △2七桂 郷田、必殺の寄せ △2七桂が必殺の寄せだった。同銀なら5八金で寄り筋らしい。 羽生さんは長考…

将棋局面|郷田真隆 vs 羽生善治 1994-08-18 王位戦第4局|郷田の好手

1994/08/18第35期王位戦七番勝負第4局*「郷田真隆五段」vs「羽生善治王位」 後手△3三金直! 「ひええ」という手が指された局面。 2四歩から銀冠が狙いだったが、先手は・・・。 郷田の好手 ついつい3六歩から3七桂としそうなところ。それだと後手は2四歩…

将棋局面|羽生善治―永瀬拓矢2015年8月3日竜王戦決勝トーナメント|永瀬の柔軟な手

2015年8月3日 第28期竜王戦決勝トーナメント羽生善治名人 対 永瀬拓矢六段 先手の次の一手に感心させられた。 ▲8八銀 永瀬の柔軟な手 ▲8八玉と寄るのが形だが8五桂を与えて面白くないと見たか。 ▲8八銀が柔軟な手だった。これで後手は容易に8五桂と跳…

将棋局面|羽生善治 vs 郷田真隆 1994-08-01 王位戦第3局|郷田の一手で

1994/08/01第35期王位戦七番勝負第3局「羽生善治王位」vs「郷田真隆五段」 後手の飛車が取られそう。 だが後手の次の一手で・・・。 △7七角 まで後手の勝ち。 郷田の一手で終局 △7七角が必殺の一手。 先手が指すなら同銀だが、6九金、同銀、4八飛成で詰み…

将棋局面|升田幸三 vs 二上達也 1961-07-05 九段戦|升田の曲芸的妙手順

第12期九段戦本戦2回戦三番勝負第1局*「升田幸三九段」vs「二上達也八段」 向飛車から飛車交換になり△8三飛と打った局面。 桂取りの対処が意外だった。 ▲8四歩△同飛 ▲7三桂不成 升田の曲芸的妙手順 ▲8四歩とたたいて▲7三桂不成が曲芸を見るような妙手順…

将棋局面|稲葉陽―大石直嗣2012年7月4日竜王戦決勝トーナメント|稲葉の鬼手でパニック

2012年7月4日 第25期竜王戦決勝トーナメント稲葉陽六段 対 大石直嗣四段 4四の金が5三金とすりこんで7一玉と落ちた局面。 先手玉は詰めろで絶体絶命に見えたが・・・ ▲6二金 稲葉の鬼手でパニック ▲6二金! 鬼手があった。同玉は4四角。 2図以下△同金▲…

将棋局面|桐山清澄 vs 米長邦雄 1986-07-01 棋聖戦第2局|その1 桐山、タイトル戦で珍しい・・・

第48期棋聖戦五番勝負第2局*「桐山清澄九段」vs「米長邦雄十段」 何気ない角換りの序盤、この当時はあまり見ない手が。 ▲4五角 桐山、タイトル戦で珍しい筋違い角 ▲4五角と打つ「筋違い角」は、その昔の▲升田△木村の名人戦で現れたが、この当時の公式戦では…

将棋局面|桐山清澄 vs 米長邦雄 1986-07-01 棋聖戦第2局|その2 桐山の個性がよくでた好局

第48期棋聖戦五番勝負第2局*「桐山清澄九段」vs「米長邦雄十段」 その1の続き。 △7七歩の金取りに先手は対処しなければいけないが・・・。 ▲8八金 桐山の個性がよくでた好局 △7七歩に同桂だと5七桂成、同金、7六歩がいやに映る。 とはいえ▲8八金はす…

将棋局面| 斎藤慎太郎―千田翔太2015年6月26日竜王戦決勝トーナメント|斎藤慎、勝ちを決めた受けの名手

2015年6月26日 第28期竜王戦決勝トーナメント斎藤慎太郎六段 対 千田翔太五段 角換り腰掛銀の終盤戦。 後手玉の詰めろをなんとかしなければならない。 △5五角 斎藤慎、勝ちを決めた受けの名手 △5五角と桂馬の背後に打ったのが気づかない受け。桂馬が動く…

将棋局面|深浦康市 vs 羽生善治 2011-06-25 棋聖戦第2局|羽生の指しまわし

2011-06-25 第82期棋聖戦五番勝負第2局千日手指し直し局 * 「深浦康市九段 」vs「羽生善治棋聖 」 △4五歩▲同歩△同桂と意表の開戦に▲4八飛と桂取りにまわった局面。 後手に意外な手段があった。 △5七桂成▲同金△3九角▲4七飛△4六歩 羽生の指しまわし 4一…

将棋局面|深浦康市 vs 羽生善治 2011-06-11 棋聖戦第1局|羽生の勝利をもたらした一手

2011-06-11第82期棋聖戦五番勝負第1局* 「深浦康市九段 」vs「羽生善治棋聖 」 後手の次の一手が勝利をもたらした。 △5七歩 羽生の勝利をもたらした一手 △5七歩のタラシが手筋の好手。同金ならそこで5九飛がきつい。よく見ると先手に5九歩と打つ歩が無い…

将棋局面|桐山清澄 vs 中原誠 1981-05-19 名人戦第4局|桐山の鬼手

1981/05/19第39期名人戦七番勝負第4局*「桐山清澄八段」vs「中原 誠名人」 先手は7一に竜がいるが桂損で攻めが細いように見えた。 どう攻め続けるのかと思ったが・・・。 ▲4四角 桐山の鬼手 名人戦初勝利 ▲4四角! ええっ?何かの間違い?と目を疑った。 2…

将棋局面|中原誠ー桐山清澄1981/05/06名人戦第3局|中原名人の柔らかい受け

1981/05/06第39期名人戦第3局先手:中原 誠名人 後手:桐山清澄八段 △9五歩と厳しい手がやってきた局面。 先手中原名人の受けが見もの。 ▲7九金△9六歩▲9八歩△2九飛成▲4三角△2八竜▲6八金打 中原名人の柔らかい受け 9五歩に同歩だと9八歩、同香、9九角…

将棋局面|升田幸三vs大山康晴1966/04/21名人戦第2局|升田の名手 有名な局面

1966(昭和41年)/04/21第25期名人戦七番勝負第2局*「升田幸三九段」vs「大山康晴名人」 角換りで後手右玉の将棋。 先手升田、一時間ほどの長考の末に指したという。 ▲1八角 升田の名手”遠見の角” 有名な局面 ▲1八角と打つ天野宗歩ばりの「遠見の角」が指…

将棋局面|山崎隆之vs PONANZA2016/04/09電王戦第1局| コンピュータの素晴らしい妙手順

2016/04/09第1期電王戦 二番勝負 第1局 山崎隆之叡王 vs PONANZA 先手の次の手は必然と思ったら、とんでもない3手ひと組の妙手順があった。 ▲8二歩成△同銀▲6五桂 コンピュータの3手ひと組の素晴らしい妙手順 先手はとりあえず2八歩が必然手と思っていた…

将棋局面|中原誠ー桐山清澄1981/04/09名人戦第1局|中原、持ち駒を生かした光る寄せ

1981/04/09第39期名人戦第1局先手:中原 誠名人 後手:桐山清澄八段 先手の持ち駒を生かした寄せが見もの。 ▲4三と△同金▲6六桂△9二玉▲7四桂△5一歩▲1六角 中原、持ち駒を生かした光る寄せ ▲4三とと捨てたのが面白かった。それで▲6六桂と手筋の桂馬。 …

将棋局面|村山慈明-千田翔太2016年03月20日NHK杯決勝|村山慈明がNHK杯優勝

2016年03月20日第65回NHK杯決勝 村山慈明七段 千田翔太五段 先手番だが手が広くどうしていいかわからない局面。 「勝負の呼吸」を感じる進行だった。 ▲4五歩△3八角成▲同飛△同と▲4四歩△同歩▲8八玉 村山慈明がNHK杯優勝 ▲4五歩とじっと歩を伸ばしたのが気…

将棋局面|羽生善治-郷田真隆2016/03/18王将戦第6局|郷田が45歳にして人生初の「防衛」

2016/03/18第65期王将戦七番勝負 第6局 先手:羽生善治名人 後手:郷田真隆王将 8一の飛車がじっと△6一飛(好手)とまわって▲2四歩と突いた局面。後手にとって悩ましい局面だった。 △2四同歩▲2三歩△同玉▲3五歩△6五歩 郷田が45歳にして人生初の「防…

将棋|佐藤康光 vs 森内俊之 2007-03-18 NHK杯決勝|佐藤がNHK杯初優勝

放映日:2007/03/18第56回NHK杯戦決勝「佐藤康光棋聖」vs「森内俊之名人」 佐藤の▲ダイレクト向飛車で力戦だった。 1図「端玉に端歩を突け」の△1四歩がきびしそうに見えた。 後手良しに見えたが・・・。 ▲5九飛△1五歩▲5五飛△ 同金▲2五桂 佐藤がNHK…

将棋局面|田中寅彦 vs 高田丈資 1977-03-11 十段戦|若き日の田中寅彦、居飛車穴熊で妙手から快勝

1977-03-11 第16期十段戦予選*「田中寅彦四段」vs「高田丈資六段」 居飛車穴熊vs石田流で後手が銀バサミをねらった。 先手ここでどう攻めるかと思ったら・・・ ▲7三銀成△同銀▲4二角成 △同金 ▲6二飛成 △同銀 ▲6一角 若き日の田中寅彦、居飛車穴熊で妙手か…

将棋局面|佐藤天彦-渡辺明2016年3月6日棋王戦第3局|渡辺の素晴らしい大局観

2016年3月6日 第41期棋王戦五番勝負 第3局佐藤天彦八段 対 渡辺明棋王 ▲2一飛成と桂馬を取ったところ。 後手は飛車が取れるが・・・。 △8三銀打 渡辺の素晴らしい大局観 飛車損でも後手良し 2図から数手後、田中寅彦九段が「△8三銀打で(先手が)悪いっ…

将棋局面|久保利明ー佐藤康光2010-03-07棋王戦第3局|佐藤の強い受けの好手

2010-03-07第35期棋王戦五番勝負第3局久保利明棋王 対 佐藤康光九段 ▲4一飛と打ち込んで後手玉が寄るか寄らぬかのきわどい終盤。 後手に受けの好手が出た。 △5一銀 佐藤の強い受けの好手 △5一銀が強い受けの好手。同銀成なら6三馬、5二銀、同馬、同成銀…

将棋局面|久保利明ー渡辺明2011年3月6日 棋王戦第3局|久保の鮮やかな最終手

2011年3月6日 第36期棋王戦 五番勝負 第3局久保利明棋王 対 渡辺明竜王 先手の次の一手で終局となった。 ▲1一金まで先手の勝ち 久保の鮮やかな最終手 ▲1一金が鮮やかな決め手で終局となった。 最終手以下、同玉、3一とで必至。 次の一手問題だと簡単だろ…

将棋局面|久保利明vs郷田真隆2012-02-25棋王戦2局|その1 久保が早石田で大実験

2012年2月25日第37期棋王戦五番勝負第2局 久保利明棋王 対 郷田真隆九段 久保の▲早石田から▲5五角と打つ激しい進行に。 ▲7四飛に73の銀を△6四銀とでたところ。 ▲8四飛 久保が早石田で大実験 無理筋だった ▲8四飛! ひええ、早々にすごい手がでた。…

将棋局面|久保利明vs郷田真隆2012-02-25棋王戦2局|その2 郷田の好着想

2012年2月25日第37期棋王戦五番勝負第2局久保利明棋王 対 郷田真隆九段 早石田の大変化で、▲2二角と打ち込んだ局面。 ここから後手の対応が見事だった。 △8六歩▲同歩△1二飛▲4四角成△4六歩 郷田の好着想 飛車の大転換 3三角、同角成、同桂、2二角、…

将棋棋士名言|大山康晴「平凡は妙手に勝る」

大山康晴「平凡は妙手に勝る」 大山先生らしく、なんとも深く地味なお言葉です。 むろん、妙手を否定するものではないだろうし、大山将棋には妙手がいっぱいある。 派手な大技を狙うより、平凡な手、普通の手を指せることが大切・・・ 解釈はさまざまだろう…

将棋棋士名言|米長邦雄「勝利の女神は、正しいか否かよりも、 笑いがあるか、謙虚であるかどうかを重視している」

「勝利の女神は、正しいか否かよりも、笑いがあるか、謙虚であるかどうかを 重視している」 米長先生は運の研究者のような人物だった。 「笑い」「謙虚」には、はっとさせられる。

将棋棋士名言|羽生善治「楽観はしない。 ましてや悲観もしない。 ひたすら平常心で。」

「楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で。」 これはすごく羽生さんらしいなーと感じる言葉。 羽生さんはいつも飄々としている。勝っても負けても飄々としている。 一局の将棋だけでなく、人生そのものが「ひたすら平常心」なのだ。 たいが…

将棋局面|羽生善治ー郷田真隆2016/02/16王将戦第4局|郷田、圧巻の寄せ

2016/02/16第65期王将戦七番勝負 第4局 先手:羽生善治名人 後手:郷田真隆王将 △8七歩に▲9七玉と逃げたところ。 後手郷田王将は読み切っていた。 △8五桂▲同歩△7五角▲8六銀△7八角成▲同金△8六角▲8七玉△7七金打 郷田、圧巻の寄せ 私には全く寄せが…

将棋局面|渡辺明vs佐藤天彦2016年2月11日棋王戦1局|渡辺、高速の寄せ

2016年2月11日 第41期棋王戦五番勝負 第1局渡辺明棋王 対 佐藤天彦八段 角換り腰掛銀で、後手渡辺棋王に△7三角の新手がでた将棋。渡辺棋王がうまく攻める展開にして終始ペースをつかんでいた。 ここで後手に決め手の好手がでた。 △4三角 渡辺、高速の寄…

将棋局面|佐藤康光 vs 久保利明2009-02-08棋王戦1局|久保、見事な小駒の寄せ

2009年2月8日第34期棋王戦 五番勝負 第1局 佐藤康光棋王 - 久保利明八段 △ゴキゲン中飛車から2枚角を斬る進行となる。△7五桂に6九の金を▲5八金と上がった局面。 大駒の無い後手がどう攻めをつなぐかという局面だった。 △3九銀▲1八飛△5七歩▲同金寄△8…

将棋局面|大内延介 vs 升田幸三 1975-02-03 順位戦|積極的な升田将棋

1975-02-03 第29期順位戦A級*「大内延介八段」vs「升田幸三九段」 双方銀冠で手詰まりになりやすい戦型。 升田九段らしい手がでた。 △1三桂 積極的な升田将棋 升田将棋はとにかく積極的で自分から技をかけにゆく。手詰まりぎみの局面でも思い切った手が出る…

将棋局面|二上達也 vs 升田幸三 1971-01-30 順位戦|升田、意表の攻め

1971-01-30第25期順位戦A級*「二上達也八段」vs「升田幸三九段」 △坂田流向飛車の将棋。後手の手が難しい局面。 △2六金▲2七歩 △2五金 ▲3七桂 △1六歩 升田、意表の攻め △2六金で▲2七歩と打たせるのは気持ちいいようだが▲3七桂が金当たり。 だがそこで…

将棋局面|大内延之vs花村元司1983-01-24王座戦|こんな攻めでいいのか 花村の奇策

1983-01-24 第31期王座戦二次予選 「大内延介八段」vs「花村元司九段」 棋譜 大内先生が▲矢倉中飛車模様から▲4五歩と仕掛けた将棋。花村先生が早々から銀桂交換の駒損となり、「これでいいのか」と思わせた。 後手はどこから攻めてゆくか。 △7四歩▲同銀△8…

将棋局面|佐藤康光―久保利明2012/01/08王将戦第1局|佐藤の危ない手

2012/01/08第61期王将戦第1局 ▲佐藤康光九段 対 ▽久保利明王将 ゴキゲン中飛車に▲4六銀戦法。角交換から△7二玉と寄ったところ。 先手の次の手に「おっ!」。 ▲5七玉 佐藤の危ない手 飛び出し危険の玉さばき ▲5七玉! 考えるかもしれないけど指せない手。…

将棋局面|中原誠vs米長邦雄1985-01-07十段戦7局|米長邦雄が四冠王に

1985-01-07第23期十段戦七番勝負第7局 「中原 誠十段」vs「米長邦雄棋聖」棋譜 米長邦雄四冠達成の名局から。△米長矢倉から△6五歩早仕掛けの将棋。 1図、後手歩切れだが金桂交換の駒得。後手のここ数手が印象に残る。 △8六歩▲同歩△1四歩▲4五銀△4三金打…

将棋局面|中原誠 vs 桐山清澄 1978-01-07 棋王戦|中原、妙手で大勢を制す

1978(昭和53)-01-07第03期棋王戦本戦勝者組決勝*「中原 誠名人」vs「桐山清澄八段」 向飛車から飛車交換になった。後手は△5八歩とたらして、と金攻め。 先手に意外な手が・・・。 ▲5五飛 中原、妙手で大勢を制す ▲5五飛と天王山に打ったのが妙手。 よく…

将棋局面|加藤一二三vs大山康晴1981-01-06A級順位戦|大山の強引なサバキ

1981-01-06 第39期順位戦A級07回戦「加藤一二三十段」vs「大山康晴王将」 大山康晴十五世名人はチャンスあらば積極的だった。 △四間飛車に▲引き角から棒銀の将棋。 1図となり、後手は平凡な駒組みをしなかった。 △6五歩▲同歩△7三角▲2七飛△5五歩▲2四歩△…

将棋局面|藤井猛vs井上慶太1995ー12ー22 B2順位戦|「藤井システム」1号局  藤井、奇跡が起きたような勝ち方

1995/12/22 第54期順位戦B級2組07回戦 「藤井 猛六段」vs「井上慶太六段」 ▲四間飛車で「藤井システム」の一号局。 ▲4五銀に△8四飛と横利きで受けた局面。 きびしい攻めがあった。 ▲3五歩△同歩▲2五桂 「藤井システム」1号局 藤井、奇跡が起きたような勝…

将棋局面|木村義雄 vs 花田長太郎 1937-12-05 名人戦|危なそうな好手 昭和12年、木村が実力制で初めての名人となる

1937-12-05第01期名人決定大棋戦千日手指し直し局 「木村義雄八段」vs「花田長太郎八段」 「名人決定大棋戦」という表現が古めかしい。 昭和12年に実施された初の実力制名人決定戦だった。4六の銀を△5五銀と引いたところ。 先手木村義雄に大胆な手が出た。…

将棋局面|森下卓 vs 羽生善治 1988-12-03 天王戦|羽生の怪しげな動きからの好手

1988/12/03第4回天王戦決勝* 「森下 卓五段」vs「羽生善治五段」 矢倉戦で△6二飛戦法だが、角をぶつけて交換になった。ここから後手羽生の動きが怪しげだった。 △3七歩▲同 桂△6五飛 ▲8二角 △3六角 羽生の怪しげな動きからの好手 △3七歩と焦点の歩を打…

将棋局面|羽生善治vs谷川浩司1996-10-29竜王戦2局|その1 記憶に残る谷川の絶妙手 寄せの名人谷川の名局

1996(平成8)10/29第09期竜王戦七番勝負第2局「羽生善治竜王・名人」vs「谷川浩司九段」 角換りで後手棒銀からゆっくり固め合う将棋だった。 △5九角に▲6九飛と引いたところ。 とんでもない手がでた。 △7七桂 記憶に残る谷川の絶妙手 寄せの名人谷川の名局 △…

将棋局面|羽生善治vs谷川浩司1996-10-29竜王戦2局|その2 とどめの妙手 寄せの名人谷川の名局 

1996(平成8)10/29第09期竜王戦七番勝負第2局「羽生善治竜王・名人」vs「谷川浩司九段」 その1からの続き。 誤植に見える7七の桂馬が面白い。 ここでとどめの妙手がでた。 △6八角 とどめの絶妙手 寄せの名人谷川の名局 △6八角がとどめの妙手。グサッとわ…

将棋局面|大山康晴 vs 米長邦雄 1982-10-24 名将戦|一連の勝負手 囲碁の感覚を取り込んだ米長将棋

1982/10/24 第09回名将戦本戦3回戦* 「大山康晴十五世名人」vs「米長邦雄棋王」 バシッと▲5七飛打と打った局面。 二枚飛車がたてに並ぶ大山流の好手で、大山ペースだが・・・。 △4六歩▲同 銀、 同 角、同 飛、6七角成、 同 飛、5五金打 ▲8六飛△5六銀 …

将棋局面|羽生善治 vs 谷川浩司 1992-10-20 竜王戦1局|その1  伝説の谷川の絶妙手 詰めの名人谷川の名局

1992(平成4)10/20第05期竜王戦七番勝負第1局 「羽生善治王座」vs「谷川浩司竜王」 相掛かりの終盤戦。 △4七歩成と成捨て▲同金と取った局面。 考えられない手が出た。 △5七桂 伝説の谷川の絶妙手△5七桂 詰めの名人谷川の名局 △5七桂 !? と谷川さんは打…